修羅の奴隷美学 流血プライベート挿入

SM

全身を縄で縛られ、性器には無数の針が刺さる!針が抜かれた瞬間、流れ出る鮮血…究極の虐待!美女の表情が苦痛に歪む!水野ほとりの貴重なインタビュー映像も収録。

無料サンプル動画

サイトを見る

レビュー

前半は水野ほとりさんの貴重なインタビューです。後半最初のシーンではギザギザのローラーを局部に押し付けて転がします。それから彼は彼女の針を取り出し、彼女の性器を貫通しました!より正確には、彼女は彼の性器を刺した。彼女は同じ領域に約 3 本の針を挿入し、次に 1 本の針を挿入して性器を閉じます。局部だけでなくお尻にも針を刺していきます。陰部に5本程度の針が刺さったまま、ローターを陰部に刺した針に押し付けます。あとは出す道具は糸バリです!糸バリが性器に突き刺さる。そして2つあります。刺された後、糸が引っ張られ、女優は痛みの叫び声を上げます。彼女は針と糸のバリを取り除きます。最後にそれを取り除くと、新鮮な血がありました。全体として、これは日本で最高のSMだと思います。私が見た限り、これは性器針の最高の作品です。同シリーズより『修羅の奴隷美学 過激なパーティーで性器にタバコを押し込まれる。私たちもそれをお勧めします。

自分の尿を強制的に飲まされるのは非常に屈辱的なことです。女優の将来を心配させる極悪かつ屈辱的な作品である。スカトロもかなり良くて最高のsmです。美しい、かわいい!ただし、画質とカメラワークはもう少し良くても良かったと思います。ここ数年この手のavを探していたのですが、数年前に「悶絶アナル拷問」という忘れられない名作がありましたが、それに匹敵する内容でした。

値段は高めですが、買う価値はあります。女優さんは可愛いけどプレイは超ハード。詳細なレビューはすでに書かれています。気になったのは、口がタオルで縛られていて悲鳴が聞こえなかったことと、インタビューの前半が長かったことです。

サンプル画像

サイトを見る

コメント